Space Baghdad presents 'Space' #2 - Inner8[dadub]Holotone Japan Showcase

  • Venue
    Circus Tokyo
    • 3-26-16 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo, Japan, 150-0002
  • Date
    Sat, 20 Feb 201623:00 - 05:00
  • Promoter
    Space Baghdad
  • Attending
    • 8
  • ̸

    Lineup

    【MAIN FLOOR】Inner8 [Dadub], Koichi Shimizu, Haruka, C-KAY, [VJ]Cubert, sYn【LOUNGE FLOOR】circus, SARA AM, koichi kimbara, PRETTY PRINCE,
  • Share
  • Stroboscopic Artefactsの中心アーティストであるテクノデュオ、Dabubの1人としても良く知られているベルリン拠点のプロデューサー、INNER8ことDaniele Antezzaがスタートさせた新レーベルHOLOTONE(ホロトーン)。レーベルのローンチを印象付ける、日本人アーティストKoichi Shimizuをフィーチャーした楽曲"Aufhebung”を含む4曲入りEP「Tetramorph」を2016年3月21日にリリースする。 HOLOTONE is a new label initiated by Berlin-based producer, Daniele Antezza aka INNER8. To launch his new imprint, the artist (better known for his work as part of one of Stroboscopic Artefacts' mainstay acts; techno duo Dadub,) will release Tetramorph, a four-track EP under his Inner8 alias. "Each of the four tracks on this EP represents a different phase in a four-fold process of creative praxis," according to the label. Japanese artist Koichi Shimizu appears on "Aufhebung." Tetramorph is due out on March 21st. [MAIN FLOOR] ●Daniele Antezza aka INNER8 A multi-faceted thinker and electronic music producer, member of Dadub duo, co-founder of Artefacts Mastering Studio and Holotone label manager, whose regular invocation of the term praxis begins to hint at his creative aims: a primary synthesis of contemplation and action that, in turn, encourages a secondary and entirely unpredictable set of syntheses dependent upon the listener's unique interpretation. Though the Inner8 moniker has been in existence for several years as a private nickname for, as Antezza puts it, his "experimental anarchist sounds," a full-length LP and a brand new 4 tracks EP are just now surfacing which will reveal just how much this project has to communicate. ●Koichi Shimizu タイ、バンコクを拠点に活動するサウンドクリエーター。NYにてサウンドエンジニアリングを勉強後、93年にバンコクに移住する。97年に日本に帰国、NYの学校でクラスメートだったNumbに再会しRevirthに参加、2000年に12inchシングル”Hacked”をHanumand名義でリリースする。2003年に再度バンコクに移住し、SO::ON Dry FLOWERというレーベルを立ち上げ、若くて才能のあるローカルアーティストの作品のリリースやコンサートの主催などを定期的に行っている。また作曲家、サウンドデザイナーとしてPen-ek Ratanaruang、Apichatpong Weerasethakul、Aditya Assaratなどの映画作品に音を提供している。2008年にSOLというアートスペースをオープンし、若手アーティストの作品の展示やライブイベントなどを開催している。 ●HARUKA Future TerrorのレジデントDJ。ハウスをはじめとする様々な音楽をルーツに持つその音楽的アプローチは、エクスペリメンタルかつパワフルなグルーブを持つ、オリジナリティー溢れるテクノとして結実していった。東京~全国の各クラブからFuji Rock Festivalなどの大型フェスティバル、ruralやLife Forceのようなアンダーグラウンドなパーティへの出演を含む年間60-70回のギグをこなし、また様々なインターナショナルゲストとの共演にも抜擢されている。Dommune BROADJへの数多の出演や、NTS Radio主催のラジオショウなどで世界に向けてアプローチしつつ、自身の持ち味を確実にフロアに浸透させてきたのだ。 [LOUNGE FLOOR DJ] ●circus [torus] 2004年にDrum’n’BassのDJとしてキャリアをスタート。その後、ダンスミュージックの高揚をループの中に見出しTechnoへ転向。 厳選されたトラックで編成されるDJは、インダストリアル・ミニマル・アシッドを内包した硬質なグルーヴを基調とし、絶えず密度を変化させながら世界観を構築してく。 [email protected] LOFT、[email protected]のレジテントを経て、現在はDJのサウンドに重点を置き最小限のマテリアルでパーティーを構成する“torus”を主宰する。 ●SARA AM(moph records) 1979年生まれ、下北沢在住。電子音楽家、 DJとしてLIVE演奏やDJを行う。 Dommune、Red Bull Music Academy Weekenderでmodular synthesizerやラップトップでのLIVE出演、様々なスタイルでのDJを行う。 ●koichi kimbara 大学卒業後ヨーロッパに移住し、多くのアンダーグランドなパーティシーンから影響をうけ、自然とDjにのめり込んでいく。ロンドンにある小さなバーでDJのキャリアをスタートさせ、ほぼ同じくしてトラックの制作を開始。いくつかのnet labelからのリリースを重ね、これまでにドイツのstar dub,ハンガリーのdeafaid recよりそれぞれ、12インチ、カセットテープをリリースしている。 ●PRETTY PRINCE 2010年プリプリの洗練を受けDJスタート 不定期でtechnoとbassmusicを織り交ぜたイベントRHYTHM SCIENCEを各地で開催 また、DJ SHAMI、RYOICHI UENOと共にABSTRACT.TRIPHOP.ILLBIENT縛りのイベントBLACK NOTEを開催
  • Space Baghdad presents 'Space' #2 - Inner8[dadub]Holotone Japan Showcase - Flyer front
    Space Baghdad presents 'Space' #2 - Inner8[dadub]Holotone Japan Showcase - Flyer back