Empty?Ah

  • ̸

    Lineup

    Studio: -Empty?Ah- Saskiatokyo (Space | Sound) Yuki Fujinaga (Visual) Hitoshi Sato (Lighting) Shintaro Kamijo (Technical Support) Contact: Compuma AKIRAM EN EMARLE Tonydot コロナの状況に応じて、当日の出演者や内容等の変更がでる場合がございます。 何卒ご理解いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。
  • Share
  • 『思考とは、滑稽で有意義だ。感動とは、壮大でおぼろげだ。』 カオティックな時代における希望的な前進として、Contact Tokyoに一夜限りの空間作品 “Empty?Ah” が出現する。脳や心といった身体に備わる機能が私たちにどのような影響を与えているかを熟考しながら現実と想像の関係性を探るのはbroadや解体新書、ライゾマティクス主宰 Super Flying Tokyoへの出演を中心にライブアクトとして国内外で活動するSaskia(ex. Saskiatokyo)。音・光・言語が相互作用することで全ての感覚が歪む空間には、非常に滑稽な妄想の端くれが浮かび上がり、そしてその夢が次なるストーリーを紡ぐことを示唆する。 その場との対峙として、Contactフロアにはより開放的ながらもユーモラスに音楽実験を重ねてフロアの機能と可能性を拡張するDJ陣が登場。幡ヶ谷のForestlimitにてディープ・リスニング・パーティ idealaを主宰するAKIRAM ENとそのレギュラーメンバーであるEMARLE、渋谷の隠れ家バーTangleを拠点とするTonydotが、それぞれの環境で磨き上げてきた感性のもとイマジナリーな空間を創造していく。そして今回、竹久圏とのコラボレーションアルバム「Reflection」を発表したばかりのCOMPUMAがブースに帰還することが決定。ダンスミュージックに留まらず、より芸術的な音楽アプローチを模索するCOMPUMAが織りなす2時間のロングセットは、混沌とした1年を通じて走馬灯のように体験者の脳裏へと情景を運びながらも、それらから解放する興奮と希望に溢れた未知なる時間を描くだろう。 人々の想いが共鳴する瞬間に生まれる数々のドラマは、矛盾ばかりで曖昧な表裏一体の世界により多くの光を灯してきた。またとない一夜の奇跡に、ぜひ参加してほしい。 〈お願い〉 当日、マスクの着用を必ずお願い致します。 万が一マスク着用を守っていただけない場合は、ご退店いただく事がございます。 あらかじめご了承いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。 マスクをご持参されなかった場合は、エントランスにて販売しております。 お気軽にお申し出ください。 「To think is comical and meaningful. To be moved is magnificently vague」 As an action of hope during this chaotic period, Saskia (ex. Saskiatokyo), the live act who has appeared at various parties including Broad, Kaitai-Shinsho (解体新書), and Super Flying Tokyo produced by Rhizomatiks, will be hosting “Empty?Ah” to take a leap forward with a one night only spatial installation at Contact Tokyo in search for the possibilities of reality and imagination while considering the influence that our mind and soul has on the body. Through the interaction of sound/light/language, all the senses become distorted, a world of quirky imaginations emerge, and that dream-like state leads to the next stage of the story. Contact floor, in contrast, will be inviting DJs to experiment freely with a humorous musical approach. The organizer of the deep listening party “ideala” at Forestlimit in Hatagaya, AKIRAM EN with the regular member EMARLE, and Tonydot from Triangle, a bar hidden in the city of Shibuya, will be painting the imaginary space with the skills they have polished throughout the years. In addition, COMPUMA, who has recently released a collaboration album「Reflection」with Ken Takehisa (竹久圏), returns to the booth for a 2 hour set with an artistic approach embedding a kaleidoscopic scenery of the chaotic year we’ve had in the minds of the people. The numerous dramas that are born when people’s feelings resonate together at the same time has shed more light on the contradictory world. This will be a miraculous evening not to be missed. 〈 Important Notice 〉 Please wear masks during the event. If participants are unable to follow the guidelines and wearing masks, we will have the right to ask you to leave. We thank you for your cooperation. Masks are available for purchase at the entrance for those who do not have one. Kindly ask the staff at the entrance. Open 7PM - Close 2AM ¥1000 Under 23 ¥1500 Advance (limited 50) ¥2000 Door
  • Empty?Ah - Flyer front