Do Hits Tokyo Takeover

  • ̸

    Lineup

    Howie Lee [Beijing] - LIVE + DJ YEHAIYAHAN [Shanghai] - LIVE Veeeky [SCV / Taipei] Le Makeup [Pure Voyage] - LIVE Yusaku Arai
  • Share
  • ※You must be 20 or over with Photo ID to enter. ※23歳以下は当日料金の1,000円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。1,000 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age. China oriented electronic pioneer Howie Lee will come back in Tokyo as his label / collective Do Hits showcase featuring YEHAIYAHAN and Veeeky. アジアのエレクトロニック・ミュージック・シーンをリードする中国の異能Howie Lee主宰のコレクティブ〈Do Hits〉のテイクオーバーが4年ぶりのフル・アルバム「天地不仁 / Tiān Dì Bù Rén 」を提げ、LAの〈Alpha Pup〉からデビューのネオ・ソウル・シンガー/プロデューサーYEHAIYAHANとブランド〈SCV〉を立ち上げたヴィジュアル・デザイナーVeeeky、ローカルからはDOVEやGOODMOODGOKUといったシンガーやラッパーのプロデューサーでもある注目のLe Makeupと荒井優作を迎え、WWWβにて開催。 アジアのエレクトロニック・ミュージック・シーンをリードする中国の異能Howie Lee主宰のコレクティブ〈Do Hits〉のテイクオーバーが4年ぶりのフル・アルバム「天地不仁 / Tiān Dì Bù Rén 」を提げ、LAの〈Alpha Pup〉からデビューのネオ・ソウル・シンガー/プロデューサーYEHAIYAHANとブランド〈SCV〉を立ち上げたヴィジュアル・デザイナーVeeeky、ローカルからはDOVEやGOODMOODGOKUといったシンガーやラッパーのプロデューサーでもある注目のLe Makeupと荒井優作を迎え、WWWβにて開催。 本年春に行われたWWWとSTUDIO VOICEとのアジアの音楽をフィーチャーしたコラボレーション・イベント『STUDIO VOICE × WWW presents "Flood of Sounds from Asia”』の来日も記憶に新しい、「Made in China」なるユニークな美学を掲げ、アジアのエレクトロニック・ミュージック・シーンをリードするプロデューサー/DJ Howie Lee。2011年に設立したコレクティヴ/レーベル〈Do Hits〉は、アジアでも特に先鋭的なマインドのクルーへと発展し、レーベルメイトのJason Hou、Yllis、Guzzなどの一連のリリースは成功を納め、キュレーターとして、またパートナーのヴィジュアル・デザイナーVeeekyとの映像作品など、目覚ましい活躍を見せている。今回のテイクオーバーでは2015年にLAの〈Alpha Pup〉からリリースしたデビュー・アルバム『Mù Chè Shān Chū』を発表して以来、4年ぶりのセカンド・アルバムとなる『Tiān Dì Bù Rén』をフィーチャー。最新作は道教の教祖である老子の著した『道徳経』の慣用句に由来し、リリース・レーベルの〈Do Hits〉のプレス・リリースでは「『Mù Chè Shān Chū』が若々しい活力と理想主義だったとすれば、『Tiān Dì Bù Rén』は目の覚めるような成熟だ。無関心な天を見つめ返している」と説明が添えられている。アルバムは全部で13曲を収録しており、Howie Leeのサウンドの特徴でもある、伝統的な中国の楽器と実験的なサウンドスケープのミックスによって、「“人間の意志”と“人間の破壊”を反映している」という。またアルバムは、古代と現代、中国と世界を融合させた新しい音楽言語として成立しており、さらにその内容について、「資本主義者の貪欲さと環境破壊の相互作用、人間の道徳と科学倫理の対立、グローバルなムーヴメントとローカルの圧力との間の緊張。Howieの歌は弁証法での会話であり、対立する立場、感情、リアクションの統合である。『Tiān Dì Bù Rén』は、中国における偏狭なナショナリズムとポピュリストの怒りに取り組んでおり、Howieは自身の故国と広い世界の両方を冷静に観察し、“天下(tiānxià)”として分析をしている」と〈Do Hits〉は解説している。 本テイクオーバーの共演にはLAビート・シーンの中核を担ってきた老舗〈Alpha Pup〉からデビューを果たした上海のネオ・ソウル・シンガー/プロデューサーYEHAIYAHAN、〈Do Hits〉のアートワークやビデオを手がけ、自らのブランド〈SCV〉も立ち上げた台北拠点のヴィジュアル・デザイナーVeeeky、ローカルからはDOVEやGOODMOODGOKUといったシンガーやラッパーのプロデューサーでもある注目の2人Le Makeupと荒井優作を迎え、ヒップホップ、R&B、LAビート、UKベース、アンビエント等を経由し、中国や日本独自の環境から生まれる新世代のエレクトロニック・ミュージックの躍動を体感して欲しい。
  • Do Hits Tokyo Takeover - Flyer front
    Do Hits Tokyo Takeover - Flyer back