Undulation 3rd Anniversary

  • Venue
    Saloon
    • 1-34-17 ZA House Bldg B3F, Ebisu-nishi, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
  • Date
    Fri, 20 Oct 2017
    22:00 - 06:00
  • Attending
    • 10
  • 重く、黒く、DOPEな音を提供してきたUNDULATIONが3周年を迎える。 ゲストにはイタリアのレーベルParachuteから『I Am Goodbye』の リリースが記憶に新しいHueHelixオーナーGo Hiyamaを迎える。 Go Hiyama (HueHelix / Parachute) Profile 【Japanese】 大学では建築を専攻。在学中にイギリスのエレクトロミュージックレーベルCodaよりデビュー する。 その後も、様々なレーベルより作品を発表。そのタイトルは80を超える。 卒業後、制作活動の一方でDJとしても活動。毎年のように海外でのツアーをはじめる。これまでにスペイン・オランダ・イギリス・ドイツ・シンガポール・韓国など10カ国で出演し、2009年にはオランダ最大級のフェスティバル「AWAKENINNGS」では、日本代表として選出。 2013年は世界最高峰と称されるベルリンのクラブ「Berghain」にも出演をはたし、翌年2014年にはテクノを語る上で外す事のできない名門クラブ「Tresor」での出演も経験。 その経験と交流を活かし、自身によるレーベル「HUEHELIX」を立ち上げ、国内外に向けてアナログレコードをリリース。 現在、その音楽性を拡大させ「エコーズブレス」を設立。 空間音楽、プロダクト、映像などのサウンドデザインに携わりながら、「音」を見つめなおす展示会「見えない展示」の主催など、様々な視点から音を追求している。 【English】 Go Hiyama has released over 80 titles with prominent labels such as Warm Up, Token, Stroboscopic Artefacts, PercTrax, Planet Rhythm and Semantica amongst others. He is also one of the best regarded and most international Japanese artists. In 2002 he made his debut on Coda, a label owned by James Ruskin, who is also known for running Blueprint Records. His debut track departed from the four on the flour pattern with an offbeat sound of his own. His releases have received support by artists such as Surgeon, Óscar Mulero, Peter Van Hoesen and Svreca. In 2009, he moved to Tokyo and started his own record label, HueHelix, with Ryuji Takeuchi, Tomohiko Sagae and Kazuya Kawakami, and 2013 has seen the release of his vinyl, an album where Go Hiyama expands his range of expression. Aside from producing tracks, he has toured Europe several times and has played in Spain, the Netherlands, UK, Germany, Czech Republic, Slovakia, Singapore, China. Korea and many other countries and cities. One of his most recent gigs was at Berghain and Tresor Berlin, which is considered one of the best clubs in the world.
  • Undulation 3rd Anniversary - Flyer front
    Undulation 3rd Anniversary - Flyer back